ABOUT GREENHOUSE

グリーンハウスについて

柳沢農園のグリーンハウスは軽井沢の南、​

浅間山が綺麗に見える美しい場所にあります。

柳沢農園について

柳沢農園は2005年より静岡生まれのアメーラトマトの栽培を​

環境の良い軽井沢で始めました。

軽井沢のきれいな水と美味しい空気、そしてこの寒暖差という好条件で育てられています。

普通のトマトが3度から5度に対し、このトマトは1月21日から6月15日の期間は8度以上、6月16日から1月20日の期間は7.2度以上あり、濃縮しているので栄養価も高いトマトです。ただ甘いだけでなく糖度と酸味が取れた高糖度のトマトを400㎡のハウスで通年栽培しています。

​柳沢農園の新しい挑戦

よこみち農場

野菜が持つ、本来のおいしさを届けたい。​そんな思いからいろいろな栽培方法を試してたどり着いたのが、高CO2栽培でした。

恐竜が闊歩し大木が繁茂した白亜紀。気温は今より10度から15度高く、CO2濃度は4000ppm~8000ppmであったと言われております。そんな時代をカラマツのグリーンハウスに再現しました。カラマツチップをハウス内で発酵させ、熱と炭酸ガスを発生させることにより、ハウス内の温度を外気より10度高く保温。通常の外気のCO2濃度は400ppm程度と言われますが、ハウス内は常に4000ppmに調整しています。光合成の作用を最大限に引き出す環境を整えることで、作物は根から得る養分以上に葉や実に糖分を蓄えることができるのです。それにより野菜の味には甘さ、濃さが際立ち、えぐみの原因となる硝酸対窒素が限りなくゼロになります。軽井沢に再現した、カラマツのグリーンハウス。高CO2のなかで元気に育った野菜たちを、是非ご堪能下さい。